受け口手術・治療の体験とアドバイスブログ

受け口の歯科矯正、手術を受けました。自分の体験談、アドバイスなど書きます。

受け口治療・手術 最初にお読みください ご挨拶。

こんにちは!
数あるブログの中、私のブログに来て頂いてありがとうございます。

 

このブログは、数年前に私が実際に体験した受け口の治療と手術(早い話、骨を切る手術です)のお話とアドバイスをしようと思っています。

受け口で悩んでいる人、
受け口の治療をもう始めている人、
手術を控えている人、、、、

 

いろいろな不安や悩みがあると思いますが、私のブログで何かしら手助けになると幸いです。

ただ、私はいわゆる一般人であり、専門的な医者ではないので素人目線からの体験やアドバイスになります。その辺はご理解ください。

 

受け口は反対咬合ともいいますが、

受け口という方が世間に分かりやすいイメージなので、そちらを使います。

 

自己紹介

軽く自己紹介をします。
受け口の治療と手術をした時の私のスペックはこんな感じでした ↓

 

*30代女性
*既婚
*出産、妊娠経験ナシ
*身長170cm
*体重55kg

 

 

健康体そのもので、あまり大きな病気や事故、ケガもなくすくすく生きてきました。

唯一の悩みは、、、アゴでした。^^;  受け口なんで横から見るとクッキングパパみたいでた。志村けんのアイーンが嫌いでした。全然笑えない。

 

受け口治療のおおまかなプロセス

ご存知かもしれませんが、受け口治療の場合、大抵が手術をすることになると思います。プロセスとしては、以下の通り。

 

歯科矯正ー>アゴ手術ー>術後矯正ー>終わり

 

すぐに治せるものではありません。数年間かかります。
もう、これは長期戦だと覚悟するしかないです。

 

見違えるほどキレイに! (治療を決心した理由)
決心したほんとの理由。美しくなりたかった。横顔に自信を持ちたかった。妹が手術をうけて綺麗になった。

 

正面からみるとあんまり分からないんですよ、受け口って。
そして、結構人って自分の顔はそこまで気にしていません。

受け口で悩んでいるって言うと、「え?そんなに気になる?」と言われた事もありました。でも、自分本人がコンプレックスを常に感じていて、自分の写真をみても始めに目につくのはアゴでした。

 

実は妹は受け口ではないのですが左右にずれていたという問題があり、彼女も矯正と手術をしたんですね。写真をみると見違えるほどキレイなったので私も治療しよう!と決心したのです。

 

 

30歳で治療スタート!

私は、30歳の誕生日に一気一新、このアゴ&受け口のコンプレックスを治そう!!と、受け口治療を開始しました。

 

 

広告を非表示にする